アナログ時計のデメリット

Share

とっさに時間を把握できない

アナログ時計はデジタル時計に比べて、素早く時間を把握することが難しいです。アナログ時計は、長針・短針・秒針を組み合わせた針で時間を確認します。おおよその時間を確認することは素早くできますが、何分何秒まで正確に把握することが難しいのです。分単位で時間を確認したい場合、スマホやデジタル時計などで、正確な時間をチェックする人も少なくありません。デジタル時計であれば、すべて数字で表示されるため、一目見ただけで時間を確認することができます。針の位置を見間違えてしまうと、待ち合わせの時間に遅れてしまう事態もありえるため注意が必要です。重要な会議などで遅刻しないためには、アナログよりもデジタルの時計を使った方が無難だと言えます。

デジタル時計よりも故障しやすい

アナログ時計は、使っている部品や構造から、デジタル時計よりも耐久性が劣ることもあります。製品によっては耐水性や耐衝撃性が低く、軽くぶつけただけで故障してしまうリスクがあるのです。アナログ時計は、デジタル時計よりも複雑な機構でできていることが多くあります。精密部品を組み合わせて作られており、デジタル時計よりも壊れやすいのです。床に落とした衝撃で、キャリバーが破損したり針が取れてしまうことも珍しくありません。故障した場合、修理をすることになりますが、状態によっては高額な修理費が必要になることもあります。取り扱うときには、細心の注意を払うことが必要で、日常的に使うのであれば日頃のメンテナンスも重要です。