アナログ時計のメリット

Share

視覚的にも瞬間で時刻を把握する事が出来る

アナログ時計最大のメリットは何と言っても、時計を見た瞬間に何時かすぐに分かるという点です。アナログ時計の場合、基本的に1から12まで数字が書かれた文字盤と長針と短針だけで時刻表示がなされています。その為数字と針の位置だけで感覚的に時刻を把握する事が可能です。 一方、デジタル時計は表示されている数字を読む事で今何時何分か把握しなければなりません。その為頭の中で数字を理解しなければならず、若干時間を要します。肉体的にも頭脳的にも疲労していない状態なら、それほど苦になる事はありませんが、特に勉強や運動、仕事等でヘロヘロな状態で時計を見る時にデジタルだと頭を使う為、数字を理解するのに時間がかかったり見間違えたりする事もあります。しかし、アナログ時計は頭を使う事無く視覚的に一瞬で何時か分かるので、疲労がたまっているときや運転中や会議中等時計をゆっくり見る事が出来ない状況で非常に役立ちます。

壊れても修理が簡単に出来る

壊れてもすぐに直す事が出来るというのがアナログ時計のメリットです。アナログ時計は国内外の色々なメーカーが販売していますが、基本的にはゼンマイと歯車で動いている為、修理も故障したパーツを交換すれば良いだけなので簡単です。その為近くの時計屋さんに持って行っても、すぐに修理してくれます。一方デジタル時計は電子基板が内蔵されていて、その基盤も各メーカーによって異なる為、故障した時に時計屋さんに持って行っても修理してもらえない可能性も少なくありません。さらに古いデジタル時計になると、販売元のメーカーに修理を依頼しても、基盤が残っていなければ修理出来ない恐れもあります。このように壊れても修理が簡単というのもアナログ時計の大きな魅力の1つです。